情報 とか News とか

June 14, 2006

今、ポッドキャストのオフラインイベントが熱い!

W杯の途中ですが、ニュースをお伝えします。

5月20日、愛知県名古屋市の栄にあるアップルストアで、「ポッドジャム」第1回目のイベント「ポッドジャム名古屋栄」が開催された。

出演者は、ポトフ氏と「A’sf -Pod- Radio」、「おはなしパタくん」を運営しているthin-p氏、おなじく「おはなしパタくん」でMCを務める山口真依氏の3名。人気ポッドキャスターのイベントということもあり、インターネット上でも話題となっていた。

イベントの目的は「ポッドキャストの楽しさや可能性をもっと多くの人に知ってもらいたい」というもの。会場に名古屋のアップルストアを選んだのは、3名のうち2名が名古屋に住んでいるから。「週末、ふらりとアップルストアを訪れる人たちにポッドキャストを紹介し、その楽しさをアピールしたい」と考えたそうだ。

Arenaと、いうことで、日経PBのサイト、デジタルARENA で、先日の Pod Jam Nagoya Sakae がピックアップされてます。

---> 今、ポッドキャストのオフラインイベントが熱い!(デジタルARENA)

当日、わざわざ東京から取材にお越し下さいまして、その節はありがとうございました。これからもよろしくお願いします。>micaさん&日経さん。

「ポッドジャム」も「まだまだこれから2回、3回と続けていきます」(Thin-p氏)とのこと。

はい、次回は 8月にやりたいなあと思ってます。
で、できましたら t は大文字じゃなく、小文字でお願いします(笑)

さあ、そろそろ次回の企画書、作ろうっかな〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2006

面白すぎるパンドラの箱

これ、おもしろすぎ(笑)
Pandora11
すでに知ってる人もいるかもしれないけど、この「PANDORA」ってのが、もうおもしろいのおもしろくないのってどっちなんだ?って面白すぎるくらい面白いんだけどね(笑)

実はゆうべ、音温にも参加してくれた きょーこさん のブログ
「Diary? on fool's boat」で教えてもらったんだけど、僕だけ遊んでるのももったいないからみんなにも紹介させてもらいますね/

この「PANDORA」、自分の好みにあったプレイリストを作ってくれて、それをストリーミングで聞かせてくれるっていうサービスなんだ。サービスってくらいだから無料で遊べる b

<あそびかた>

1)サイトにアクセス > PANDORA
2)プレーヤーがロードしたら好きなアーティスト名を入力
3)まずはそのアーティストの曲が流れてくるよ b
4)さあ、ここからがおもしろい!

(きょーこさんとこから引用/3−9!きょーこさん)

このPANDORAで使われているのは、Music Genome Projectという研究から生まれた技術だそうで、なんと30人の音楽専門家が5年以上の歳月をかけ、1万人を超えるアーティストの30万曲以上を分析したのだとか。アーティストタイプ・歌詞・メロディ・ハーモニー・リズムなど細部に
わたり分類、楽曲を関連づける独自のルールを編み出したのだそうです。

つーことで、テイストが似た曲が次々と流れてきて、4曲に1曲くらいの割合で最初に入力したアーティストの曲もアトランダムに流れてくるのがまた気が利いてる(つまり飽きない・笑)

とりあえず「JOURNEY」でやってみたら、TOTOやらStyxやらNight Rangerやら、もうビバ80年代って感じで(笑)

「Cheap Trick」でやったら、3曲目に「Thin Lizzy」が、まさしく<きたー!>で、夜中に一人で大受けしちゃったよ(笑)
  ↓これ
Pandora

他にも「Burt Bacharach」だとか、いろんなプレイリスト作って「わー!」とか「おー!」とか盛り上がってます(笑)

ほんで、このプレイリストはプレーヤーの右上にある「Minimize」をクリックすると、プレーヤーだけポップアップで残してブラウザで別の作業ができるし、Pandora2
特筆すべきは、かかってる曲の画像をクリックするとメニューが開いて、曲を購入できるサイトへのリンクや、なぜこの曲が選ばれたかの説明が読めたりして、どう、素晴らしいケアでしょ?
(この選曲理由がまたなかなかおもしろいんだ・笑)

このプレイヤー、曲をスキップすることもできるんだけど、あんましスキップを繰り返すと中の人に叱られます(爆)
「おめえ、おれっちがこしらえたプレイリスト、気に入らねえってのか?はん?おとなしく座って聞いてやがれ!ったく」
みたいなことを優しく言われます(笑)

で、アカウント作らなくてもプレイリストを覚えていてくれるのがまたすごい。
ただ、それだと何曲か流れたあとで、ここから先はアカウント作ったら聞かせてやるって言われちゃっておしまいになっちゃう。

だから、アカウント作りましたさ(もち、無料)
sign upする際にアメリカのZIP CORD入力欄があるから、そこは手っ取り早くNYのやつ「11111」でも入れとけばOKだよ。

と、いうことで、洋楽が好きなら絶対楽しめると思うから、ぜひ遊んでみて下さい。
あとね、自分の音楽の趣味が再確認できておもしろいよ(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (4)

February 09, 2006

'MUSIC UNITED.' by 佐野元春

■元春が送るポッドキャスト番組 'MUSIC UNITED.'

 独立系ミュージシャン達によるサークル 'MUSIC UNITED.'
 元春が国内気鋭のソングライター達を迎えてナビゲータを
 務める30分。
 既成の番組では聞くことのできないレア・トークに注目。
 全4回配信。深沼元昭(プレイグス)、藤井一彦(グルー
 バーズ)、山口洋(ヒートウエイブ)、片寄明人(GREAT3)
 をゲストに招く。
 第1回目のゲストは、THE GROOVERS 藤井一彦。
 新作レコードと近況について聞く。
 JFN (Japan FM Network) が運営するサイト「reco」や、
 iTunes Music Storeからダウンロードすることができる。

ポッドキャスト番組 'MUSIC UNITED.'

 ■配信開始:2月9日(木)から
 ■ダウンロード:こちらからどうぞ
 ■運営・制作:TOKYO-FM 80.0

//------*-----//-----*-----//


と、いうことで、単なる番宣や活動のプロモとか、ラジオ番組の再編集モノとか、企業タイアップとか、そんなんじゃなく、音楽にしても、普通にインディー・ミュージックっていうんでもないところにフォーカスして、さすが彼らしいなあと。いや、まだ聞いてないんだけど(笑)

全4回、さて、早速ダウンロードしよっと。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 03, 2006

さあ、君も iTMS デビューしない?

Tunecore
tunecore


インディー・アーティストがダイレクトに iTunes Music Store で楽曲をリリースできちゃうっていうサービスを見つけました。
「チュンコア(Tunecore)(beta版)」っていうものなんだけど、作品の著作権・所有権を失う事なく、売り上げも100%得られるそうで、だからリリース後も楽曲そのものと、そのマスタ・レコーディングの全権利/所有権を維持できると、しかも、カヴァー曲もOKだそうです。ことごとくすばらしい。(ソース:マク

詳細はウェブサイトにアクセスしてらうとして、リリースの手続きは簡単で、とりあえずアーティストは自作の楽曲をTunecoreのウェブサイトにアップロードするか、CDに焼いて直接送付すればいいってことだそうです。
ただし、どんな内容でもOKなのかどうかは未確認なので、もしかしたらリリース条件とかあるかもしれません。(何かわかったことがあれば追記します)

で、一応、デリバリー手数料や年間維持管理費が必要なんだけど、すごい低価格みたいです。
ちなみに、デリバリー代金がシングル1曲につき 99セント、年間維持費+ストレイジ費で、7.98ドル程度。

しかも、これ、どの国のストアでリリースするかを選べるらしく、日本のストアも含まれています。

と、いうことで、インディ・アーティストの皆さん(内容などを十分に確かめた上で)全世界へ向けてデビューしてみませんか?

*Pod Music Streetへエントリーしているアーティストの作品が例えばiTMSでリリースされていたりすると、アーティストの具体的な目に見えるメリットっていうものが作れるんじゃないかなってなことも思ったり。

| | Comments (2) | TrackBack (0)